高級スピーカーは音質がよいところが最大の魅力!各メーカーがリリースするハイレゾとハイファイに関する基礎知識

近年では、配信される音楽の多くがハイレゾ音源となっています。ハイレゾブームに伴い、オーディオ機器やプレーヤーの多くも、ハイレゾのハイスペックに対応できるよう進化を続けています。

ハイレゾ音源は高音質な再生技術として注目されていますが、そんなハイスペックなハイレゾ音源以上に再現が難しいとされている音源があるのをご存知でしょうか。

それは、原音を忠実に再生できるハイファイ音源です。ここでは、音質の優れた高級スピーカーを扱うモノとオトが、ハイレゾ音源とハイファイ音源それぞれの魅力を詳しく解説していきます。

各メーカーがリリースする高解像度の音源!ハイレゾとは?

ハイレゾとはハイレゾリューションオーディオ(High-Resolution Audio)の略語です。Resolutionは「解像度」を意味する言葉で、ハイレゾを直訳すれば高解像度な音源ということになります。

ハイレゾ音源とは、高音質なマスタリング音源のクオリティを落とさずに、そのまま配信できるという規格を指します。多くのメディアには、記録できる容量が決まっているものです。

例えばCDの場合、フォーマットは44.1kHzで16bitになります。

このフォーマットの44.1kzとは、サンプリング周波数のことです。人の耳は低音であれば20Hz、高音であれば20kHzまで聞き取れるといわれています。メディアのサンプリング周波数の数字が高いほど、音域の高い音を記録することが可能です。CDは、人の耳が捉えられる範囲を超え、22.05kHzまでの音を再現できます。

また、CDの16bitは記録できる音量の段階のことです。16bitは2の16乗の段階分の音量を表現できるという意味を持ちます。これはダイナミックレンジに換算すると、約96dBになります。CDにはある程度の強弱を収録できるので、音響に厚みが出やすくなります。

各メーカーがリリースするハイレゾ音源を再生するためには、ハイレゾ対応の高級スピーカーが必要不可欠です。

高音質が魅力!ハイレゾ・ハイファイの音がいい理由

Touring XS

44.1kHzと16bitというCDのスペックでも、十分な厚みを伴う音楽に仕上がります。

そんなCDを超えるといわれるハイレゾ音源は、さらに高いスペックを秘めた魅力的なメディアなのです。

CDもハイレゾ音源も、もとの音をデジタル化した上でメディアに収録します。ハイレゾは、CDよりも細かくデジタル化できるという特質があるので、音質がアップしやすくなるのです。

CDが44.1kHzと16bitに対し、ハイレゾのサンプリング周波数には96kHz、192kHz、384kHz、768kHzといったものがあり、bit数も24bitや32bitと幅広いタイプがあります。まさに桁の違う高音域や強弱の幅を収録できるため、ハイレゾの音質はよりダイナミックになります。

例えば、録音される前のマスタリング原音がゆるやかな波状の音質を保っているとします。この波をどれだけ忠実に再現できるかが、デジタル録音のカギになります。CDのフォーマットでは数値が低いため、音質の波はガタガタと直線的なものになります。しかし、より解像度が高いハイレゾであれば、マスタリング音源に近いゆるやかなカーブを描くことが可能となるのです。

つまり、ハイレゾ音源は、レコーディングスタジオやコンサートホールでの録音と遜色ないハイクオリティで、音楽を再生できるメディアです。

上記でハイレゾ音源の特徴をご紹介しましたが、実はハイレゾ音源以上に再現が難しいとされているのが、ハイファイ音源です。

ハイファイとは、「High Fidelity」の略で、「高忠実度、高再現性」という意味を持ちます。オーディオにおいてハイファイ音源は、原音を忠実に再現する音源を指し、音質にとことんこだわった高品質かつ本格的なオーディオの代名詞として、世界中でよく用いられてきた音源です。高音質に限らず、もとの音を維持し、そのままの状態で再生することができるのが、ハイファイ音源の最大の魅力です。

特に近年は音源のハイレゾ化が進んでいますが、ハイファイを高らかに謳い上げるシンプルオーディオの音にかなうものはないといっても過言ではありません。

音は、「音の高低」・「音の大小」・「音色」の3つの要素で構成されています。完璧かつ高品質な音の再生は、これらの3要素を正しく忠実に再生することです。それを実現できるのが、ハイファイ音源というわけです。別コンテンツ(コンテンツ4)で述べたように、音声のデジタルデータ化された電気信号を音に変換するのがスピーカーの役割ですが、音の再生技術の発展が著しい現在のハイファイシステムスピーカーなら、これらの3要素をほぼ完全に、そして忠実に再現可能となります。

より高音質で録音再生技術にこだわるなら、ハイファイシステム搭載のスピーカーに注目してみましょう。

原音を忠実に再生するハイファイ音源を実現したいなら、モノとオトのオーディオでお楽しみください。ハイファイシステムの機能を備えた様々なメーカーの高級スピーカーを多数扱っています。いつでもどこでも高音質なハイファイ音源を発揮します。原音を忠実に、そしてよりクオリティの高い音質で音楽を楽しみたいなら、モノとオトの高級スピーカーをお選びください。

ハイファイ音源が再生できる高級スピーカーを導入して音楽の厚みや奥行きを堪能しよう

多くの透明スピーカー

ハイレゾ音源とは、より原音に近い形でデジタル化された音源のことです。また、ハイファイ音源とは、もとの音を維持したまま忠実に再生することができる音源で、ハイレゾ音源以上に難しいとされる再生技術なのです。

ハイファイシステム搭載のスピーカーを活用すれば、これまでの機器とは違う音楽の厚みや奥行きを存分に堪能できます。

高音質なハイファイ音源を再生するためのスピーカーをお探しなら、モノとオトのウェブサイトをご利用ください。モノとオトでは、各メーカーが自信を持ってリリースした、魅力的な高級スピーカーを多数取り揃えています。豊富なラインナップからぜひお選びください。

おしゃれで高音質なスピーカーをお探しの方はこちらをチェック!

音質がいい高級スピーカーを購入するならモノとオト

会社名 株式会社ネイビーズ NAVYS Inc.
運営統括責任者 高崎 昇
設立 平成25年1月18日
資本金 3,000万円
本社住所 〒107-0062 東京都港区南青山5丁目6−3 メゾンブランシ2 2F
メールアドレス info@navys.jp
URL http://www.navys.jp
事業内容
1. 音楽周辺機器及び音楽関連商品の販売、輸出入
2. アパレル製品、日用品雑貨、服飾雑貨のデザイン、開発、製造、販売及び輸入